2007年02月04日

肥満の元!コレステロールの判断基準変更へ

肥満の元!コレステロールの判断基準変更へ

誰もが一度は気にした事のあるコレステロール、
その判断基準が多少緩和されることが決定!?

ヤフーニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070204-00000011-mai-soci&kz=soci

日本動脈硬化学会は、心筋梗塞(こうそく)など動脈硬化性疾患の予防や治療の指標から従来の「総コレステロール」をはずし、代わりに「悪玉コレステロール」といわれるLDLコレステロールなどを判断基準とする新しい診療ガイドラインを策定した。ガイドラインに拘束力はないが、多くの医療現場は対応が迫られそうだ。3日、福岡市で開かれた同学会理事会で承認された。
 狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの病気を招く「高脂血症」の診断基準には、一般的に総コレステロールが使われている。同学会が02年に策定したガイドラインでも、血液1デシリットルあたり220ミリグラム以上を「高コレステロール血症」とし、心筋梗塞などを防ぐには220ミリグラム未満に抑えるよう求めてきた。
 しかし、「高コレステロール」の中でも、「善玉」のHDLコレステロールが多い場合にはLDLコレステロールは通常より低く、動脈硬化につながりにくい。日本人はこうしたケースが多く、総コレステロールを基準にすると、必要量以上の投薬が行われるなどの問題が分かってきた。このため、5年ぶりの改定では「誤解の元」となる総コレステロールを基準から外し、高コレステロール血症は「LDLコレステロール140ミリグラム以上」とした。


簡単にいうとこれまでの基準では
正確にその人のコレステロールによる体の
危険値が図れていませんでした。
ダイエットをしていても、気づかないうちに
溜まっていく可能性のある悪魔、コレステロール、
体形維持だけでなく心筋梗塞や生活習慣病にも
気を配って生活していけたらいいですね。

ダイエット大計画☆手軽にダイエット!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34752707

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。